imakoko19 2

「ボランティアが自分を広げてくれた。」

Youth×イマ、ココプロジェクト19期参加者の重森美咲さんは今回、はじめてボランティアに参加。明確な目的や理由はなく、ただ、「問題に対して何か取り組みたい。」ただそれだけだった。現地で見た景色、行った活動、現地の方々との会話...すべてが彼女に影響を与えることになる。そして現在、彼女は自分のボランティアの経験、東北の良さなど、さまざまなものを伝える”ある取り組み”に向かって日々勤しんでいるという。果たして彼女は東北で何を感じ、何を学んだのか。そんな彼女のはじめてのボランティアストーリーがここに。 2014.03.30

プロフィール

Youth×イマ、ココプロジェクト19期|重森美咲

重森 美咲さん 駒澤大学2年生 Youth×イマ、ココプロジェクト19期 参加

明確な将来の夢なんてないけど、問題に対して何か取り組みたい。

                              

――ボランティアに参加したきっかけって?

 

将来何やろうとか考えるじゃないですか。でも、これっていうものがまだなくて。どんどん行動していったら何か答えでるかなと思ってたけど、明確なものはなかったかな。その辺り、詳しくさせたいなと思っていた。
それで、まだ考えてる最中だけど、社会問題とか環境問題に興味があったのと、あと、「なんで仕事するんだろう。」って考えることがあって。私は企業の場合で考えたのだけど、「大きな企業っていう組織で、問題を解決する取り組みをするのが世の中なのかな?」って自分で勝手に思って。じゃあ「社会問題って何だろう?」って思って、とりあえず新聞とかを読んでみたけど、それだけじゃあっさりしてるというか、全然深くないなと思って。とりあえず行動してみたかったし、同時に、震災の事にフォーカスすることができたらなと。

 

それでちょうどTwitterで、Youthのボランティアプログラム募集のツイ―トを見つけたから、「ああ、行ってみよう!」と思ったのがきっかけ。
ボランティアというよりは、「問題に対して何か取り組みたい。」と思っていて、それがたまたまボランティアだった。「ボランティアというかたちで関われたらな。」と思ってたんだ。

 

――なんで「イマ、ココプロジェクト」に申し込んだのかな?

 

条件が良かった。交通費も出るし、1週間も行けるし、ちょうどいい時に募集していたし。

 

「社会問題に対して何かしたい」って思うけど、今回のボランティア1回だけで劇的に何かわかる、変わるとは思ってなかったから、感じるだけでも収穫だよなと思ったし。
あと、わたし、魚とか海鮮ものが好きで(笑)だから、今回参加することで、大好きなものの生産過程が見れるんだ!と思って!すごくわくわくしてた!

 

imakoko jizeken

事前研修時の1枚。スローガンは「心をオープンに!」。

 

ボランティアの流れ、絶やさないで。

――今回、1週間ボランティアに参加してどうだった?

 

なんかね、すごい面白かったんだ。地元の人目線で過ごせたのが本当に良かったの。

 

そもそも今自分がいる所じゃない地域で過ごすっていうのはもともとすごくやりたいことで。1週間とか1ヶ月とかでその地域にプチ定住?みたいな。そういうことにすごく興味があって。他の日常を、その地域での日常を過ごしたいみたいな感じかな。旅行じゃなくて、そこに混ざっちゃうみたいのが憧れで。今回1週間も滞在して、普段の漁師さんの”日常”にぽこんとお邪魔させてもらえた。震災後、一回も被災地に行ったことがなくて、特にそれについて重たく考えてたこともなかったけど、でもこれじゃまずいよなとも思ってたから、行けるなら行きたいってずっと思ってた。

 

実際行ってみて、がれきとかはなかったけど、草とかがばーってなってた。その風景、すごく寂しかったし、家も、生き残ってる家もあるけど、それだけぽつんとあるのも寂しかった。だから「復興作業ってどこまでいったら復興なのかな?」とも思ったし。

ピースボードの人が言ってたけど、もともと被災地の方って人が少ないとか、若者が出て行っちゃうとか、いろいろ問題があるらしくて。そこに震災がたまたま重なって、そもそもあったそれらの問題が浮き彫りになってしまったんだって。

だんだん復興はしていくけど、だからといって、ボランティアする人たちが行かなくなるのは、可能性を潰しちゃうというか。今回行ってみて、良い人がいっぱいいたし、魅力を感じたから、ボランティアの流動は続いてほしいな。「震災?もう助けることないでしょ。」じゃなくて、続けてほしいな。若者がそこにいくのにはすごく意味がある。

 

――具体的にどの場面で意味があるって感じたのかな?

 

結構ね、工事している方とかもいるし、漁業のお手伝いとかも、私たちプロじゃないし、足手まといなところも逆にあるだろうなっていうのは思ってて。でも一緒にご飯食べてる時とかに、「こうやって話している時間がすごく楽しいんだ。」って言ってくれた。その時に、なんかね、力になれてるなって思ったんだ。漁師さんたちも、「また来てね。」、「友達連れてきてね。」って言ってくれたし。その言葉で、「必要とされているな。」って感じたの。

 

――現地で具体的にどんな活動をしたの?

かきはさみとかわかります?あれ、一連の流れとかやらせてもらえて!「ああ、こういうふうにつくるんだ~」とかいろいろ知れた。かきぬきもやらせてもらえたし!

いろいろと”気付き”があったしね。もしみんながこういう生産過程とか知ったら変わる気がする。ご飯残さないとかね。ご飯食べるの面倒くさいとか言う人とかいるけど、もうそんなのありえない(笑)

あと、人少ないと思うよね?第一次産業って。だからわたし、「もっと人がいっぱいほしいのかな?」って思ってたの。でも、お世話になったところに、もともとサラリーマンの人で、魚売る側だったけど、獲る側になりたい言ってた人がいたんだけど、漁師間の上下関係とかでなかなか簡単には入れないみたいで。人足りないのかと思ってたら、意外と漁師になるの大変みたいな。びっくりした!

 

imakoko kaki

漁業のお手伝い。大量のホタテの貝殻。

 

ボランティアが見せてくれた”新たな方向性”。

――実際ボランティアに行ってみて、自分が将来どういう風に働きたいとか、社会問題に関わりたいとか、これからのことについて何かきっかけとか得られた?

ピースボートの方から聞いた話によると、震災後に孤独死しちゃう人とか、たとえば仮設住宅についてのお話で、仮設住宅って入るの抽選だから、前いたコミュニティから抜けることになるんだって。そのときに、特にお年寄りとか新しい環境に全然なじめなくて孤独死しちゃう問題があるらしくて。そういう人たちの家に新聞配達して、話して元気になってもらうっていう活動をピースボードとかはしてるんだって!こういう社会問題に対して実際に行動している人がいるんだなって知れたから、なんか企業以外にも、そういう活動するような道もあるんだなって思った。

 

ボランティアは現地の人たちの希望。

――今回ボランティアに参加して、自分自身に何か変化はあった?

これからもどんどんいろいろなものに飛び込んで、体験していきたいなって感じだから、まだ今回で自分の将来に直結する何か、これでこうだっていうのはまだないかな。でも参加して、ボランティアについてのイメージが変わったというか。

 

――それはもともとボランティアに対して具体的にどんなイメージを持っていたということなのかな?

偽善的というか。否定もしないけど、斜めから見る部分もあって。でも今回参加してあるお話を聞いたんだ。周りの家は全部壊れてたけど、私が今回お世話になった漁師さんの家は残ってて。でも泥とか入っちゃって、めちゃくちゃになったときに、その当時のボランティアの人が、「泥かきをしましょう。」って言ってくれて、そのときはその漁師さんは、「こんな家無理だからいいよ。」って言ってたけど、その当時のボランティアの人たちは率先して泥かきやってくれたらしくて。そしたら床が見えてきて、これならきれいになるかもしれないって思ってその漁師さんも一緒にやり始めたらしくて。結果、今その家はちゃんと”家”になってるんだって。

こんなかんじで、ボランティアの人たちが率先してやってくれることで、被害にあった人たちも率先してやろうって思える。希望をもらえるっていうか。ボランティアの人たちがいることで、被害にあった人たちが前を向けるっていうのがわかって。そういう存在って必要だし、これからも居続けてほしいと思う。震災当時、すぐ現地に向かって活動したボランティアの人たちのこと、すごいと思ったし、こういう話を、わたしは今回ボランティアに参加して知ったわけだから、だからこそいろんな人が行くべきだと思う。絶対意味がある。みんな優しいし。なんであんな優しいんだろう。東京に人が集まりすぎちゃって、この先大丈夫なの?って不安になる。

 

伝えたいものがあるんだ。

――ボランティアの経験をこれから先どう生かしたい?

友達とかに話して今回の経験とかを伝えるとかも一つの手だし。あと、ちょうど今、大学のゼミで、学食を使って石巻の海鮮物とかを仕入れて、物産展やろうってなってて。美味しいもの食べる、売るだけじゃなくて、この企画で自分の伝えることを伝えたい。頑張りたいと思ってます。新入生も来るし。今回参加したボランティアの写真とかも貼らせてもらいたいし、石巻のことも伝えたい。あと、Youthみたいな団体のことも知らない人多いからその人たちに知らせることができたらいいな。みんなに行きたいって思ってもらいたいな。

 

自分が広がるもの、みんながスタート地点に。

――最後に、美咲さんにとってボランティアとは?

私のイメージだと、”困ってるから助けてあげよう”っていうイメージだったけど、そうじゃなくて双方向的で、自分も助けてもらうし、気付きとかもあるし、なんだろう、ボランティアってなんだろう。自分もなにかするし、受け取らせてもらえるし。自分が広がるものというか。発見があるというか。みんなやってほしいことですね。気づくものとか行ってから変わる行動とかって人それぞれだし、だからこそみんなスタート地点に立ってほしい。

 

imakoko19 3


☆★学生編集者・ライター募集中!!☆★

PICK UP

360ボランティア最新記事

WE WANT YOU !!

学生運営メンバー随時募集中


東京 and 関西


詳しく見る

「他人事」として捉えていた3.11

活動期間 : 公開日 : 2017.03.13

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

私にとって3.11は「転機」です。

2011年3月11日震災発生当初は、父親と一緒に自宅にいました。

中学2年生3学期が修了し、早めに授業が終わったので家にいました。

波に覆われる街、流される車、壊れる家屋を見ました。

その後家族が、電車が止まり線路を歩いて帰ってきた。
帰りが遅くなる。そしてまたいつもと同じように夕食を食べました。

震災の余波を直接受けることのなかった私にとって、どこか「他人事」として捉えていました。

ー私1人の力で何ができる?

ー関わって何が変わる?

そう考えながら、いつもテレビの前で日々新しくなる情報を見つめていました。

ー自分の目で確かめてみよう。

と行動に起こせるようになったのが、大学1年生になった2015年春でした。

高校3年生の春からYouth for 3.11の存在を知り、中間支援という形なら東京に住みながらでもできる支援だと考えました。大学進学をきっかけに2015年4月から今までお世話になりました。

宮城県石巻市の仮設住宅へ新聞配達に携わり(石巻復興きずな新聞)、宮城県石巻市での学習支援ボランティアに(被災地支援プロジェクトEn)参加しました。

いつどこで災害が起こるか分かりません。

そのときに自分は大丈夫だと思えません。

それでも日常は過ぎていきます。

それでもその日常の尊さを「現地へ行くこと」を通して、気づいてもらいたいと私は考えています。

1人でも多くの人に、関わりたいけれど関わることができなかった、方法が分からなくてどうすればよかったか分からなかった。

そういった学生のみなさまの窓口でありたいと思っています。

Youth for 3.11
久保田





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Youth for 3.11

若い力を社会に届け
学生に社会性を提供する
ボランティアプラットフォーム

一日も早い復興と社会問題の解決に
学生が参画できる社会を目指す

twitter: https://twitter.com/Youth_for_311
facebook: https://www.facebook.com/youthfor311
Instagram: https://www.instagram.com/youth_for_311/

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

*投稿元*
Youth for 3.11公式Facebook

プログラム詳細

参加者の声

この体験談を見に行く
このプログラムに応募する リピーターの方、プログラム内容へのお問い合わせはこちら

スローガンは、「探・知・癒」

活動期間 : 公開日 : 2017.02.16

運営メンバー募集中ですぞー

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

今回の参加者は、

高校生の山崎さん
大学1年の小幡さん
大学2年の浅井さんの3名です。

参加に至った経緯は、

「母が探してきてくれた」
「外国でなくて今度は日本でボランティアをしたい」
「親元を離れたかったから」

このほか、いろいろありました。

でも決してネガティブなものではないんですね。

話を聞いていくうちにだんだんとその意図が分かってきました。

スローガンは、

「探・知・癒」

自分探し
知る
癒される

みなさまにとってよい転機となれるといいですね。
日程が同じでもお世話になる漁師さんが異なる場合があるので、現地でのオリエンテーション・ふりかえりでしか会うことが無い場合もあります。

それでもこの思いを共有できてよかったですね。
私も研修できてよかったなー。

写真撮ろうか。

ちょっとボケちゃった。

みんなで撮ろうか

リフレクションは活動の振り返りや今後の支援活動につなげるためにとても大切なものですので、必ずご参加ください。

Youth for 3.11は現地の活動には基本的には干渉いたしませんので、現地での学びを存分に得つつ、個人の責任ある行動を心がけてください。

なかじーさん、もりみー
一緒に研修できてよかったです。いろいろありがとう。
これからの研修/リフレクションに備えましょう。

そしてこれから「みんな」でがんばろう。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

運営メンバー募集中です~

プログラム詳細

参加者の声

この体験談を見に行く
このプログラムに応募する リピーターの方、プログラム内容へのお問い合わせはこちら

【春休み限定!】気仙沼の復興支援

気仙沼で復興支援!【春休み/学生/高校生】

活動期間 : 2泊3日 公開日 : 2017.02.01

活動内容

東北では震災から5年が経ち復興道半ばにも関わらず、ボランティアの減少は一途をたどります。

 

しかしながら、今もなお日々の生活に困り、手伝いを求めている方がたくさんいます。
このような現状を変えるためには、一人ひとりの一歩が必要だと私たちは考えています。
メディアを通してではなく自分の目で被災地を見るために。
単なるボランティアではなく、被災された方と交流し、ずっと繋がるボランティアを。

今回は2泊3日の午前にワカメ漁師のお手伝いをし、午後はフリータイムとしてお好きな活動を選ぶことができます。
詳細はスケジュールをご覧ください。

 

※ボランティア活動
NPO法人浜わらす様のご協力により蔵内之芽組・合同会社花浜でのボランティア活動を行います。
漁師さんとワカメの刈り取りのボランティアを予定しております。
蔵内之芽組の詳細はこちら。合同会社花浜の詳細はこちら。
1年以内に「漁師の気まぐれセット」(海鮮詰め合わせ)が届きます。

 

 

 “架け橋”HPリンク
http://www.kakehashi0311.com
※リンク先でのボランティア登録は行わないで下さい。

※”架け橋”は、日々のニーズに合わせて活動しています。

そのため、上記の内容とずれる場合や、活動数が時期により変化する場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

ボランティア先の方よりメッセージ

共催者メッセージ:特定非営利活動法人 浜わらす 代表 笠原一城
みなさま、こんにちはNPO法人浜わらすの笠原です。
被災地東北は震災から6年が過ぎようとしています。 少子高齢化や人口の流出が加速している気仙沼において、若い世代の元気なパワーは 多くの人たちの励みとなり被災地を元気づける活力となります。
地元の漁師さんたちと活動をともにすることによって、「海の暮らしの今」を感じとっていただけると思います。 東日本大震災6年目の社会を自分の目で確かめに来てください!!

 

共催者メッセージ:特定非営利活動法人Cloud JAPAN代表理事 田中惇敏
2011 年3 月11 日、この地で多くの命が失われました。そしてその後も。
私は人生初の上司を過労死で亡くしました。毎日寝る間も惜しみ、大好きな家族との時間も犠牲にして復興に尽力していたのに。
報道こそされませんが、そんな人々がここにはたくさんいます。 復興には多くの人の人生、そして命がかかっています。
その先に何があるのか。その人々は残された私たちに何を望むだろうか。人が集まらない衰退していく街に復興させることはきっと望んでいないはずです。
震災後多くの専門家がそれぞれの復興を考え少しずつ形となってきています。
このような意味では震災は悲劇であると共に、この復興が人の集まる街づくりに繋がれば、東北は今後の地方のリーダーとなる可能性をもっていると考えることができます。
私はこの地で地域の本当に温かい皆様に受け入れていただき、全国の支援者一人一人の想いを受けて活動することができました。このご縁を大切にし、ご恩を継承するために全国1000 人の家族とともに被災地の復興に尽力していきます。
ぜひ皆様の温かいお力をお貸しください。

 

 

 

 

 

 

 

 


架け橋のアルバム

 

 

 

 

 

 


【1期:2月19日(日)-21日(火)】
▢募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【2期:2月22日(水)-24日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【3期:2月26日(日)-28日(火)】
□募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【4期:3月1日(水)-3日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【5期:3月5日(日)-7日(火)】

▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【6期:3月8日(水)-10日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【7期:3月12日(日)-14日(火)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【8期:3月15日(水)-17日(金)】
□募集終了しました
▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【9期:3月19日(日)-21日(火)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

【10期:3月22日(水)-24日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

【11期:3月26日(日)-28日(火)】
□募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

【12期:3月29日(水)-31日(金)】
□募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

※事前研修とリフレクションへの参加は必須となっております。
※事前研修とリフレクションの会場は、Youth for 3.11オフィス(最寄駅:五反田駅・大崎広小路駅)で行います。
〒141-0032 東京都 品川区大崎4-1-7
※リフレクションの日程は決まり次第お知らせ致します。

【初日】到着-18時:フリータイム(下記、参照)18時〜:語り部さんのお話が聞けます。
【2日目】AM (8:00-12:00) :ボランティア活動  PM:フリータイム(下記、参照)
【3日目】AM :ボランティア活動        PM:フリータイム(下記、参照)
(3日目以降も宿泊をしたい方は3500円/日でお泊り頂けます。)

※フリータイム
気仙沼の観光案内や絵本カフェでまったり過ごすなどスタッフと相談してお好きな活動を行うことができます。下記の3つは事前予約制となっていますので予約フォームでご要望をご記入ください。
a.ジェルキャンドル作り(事前予約:1000円)
シーグラスや貝殻をいれてジェルキャンドルを作ります!
2016-07-27 16.13.31
b.海のフォトフレーム作り(事前予約:1000円)
貝殻などを使ってフォトフレームを作ります!

c. 語り部タクシー(事前予約:有料)
タクシーに乗って実際に被災地を見ながら、語り部さんの話を聞きます。

・作業服2日分(長袖・長ズボン。ジャージ等で動きやすい恰好がよいです。ウインドブレーカーなどの防寒着が必要です。)
・健康保険証
・ボランティア活動保険加入カード(または災害ボランティア保険領収書)
・防寒グッズ(カイロ、マフラー、手袋など)
・携帯充電器、下着、洗面道具等、その他活動や宿泊する上で必要となるもの
・お金(食費や銭湯代など、コンビニで下すことは可能です)
・長靴の中の厚手の靴下(作業中激寒です)
・雨具
・長靴

 

 

 

 

 

 

 

プログラム詳細

【活動場所】 
   宮城県気仙沼市

【費用】
   基本的に、各自自己負担(食費、交通費)となります。
    ・交通費 新宿から往復約10,000円(高速バスを乗り継いだ場合)
    ・食費
    ・活動協力費 2泊3日の宿泊費と活動費と作業道具費 15,000円
   ・Youth for 3.11活動協力費 1000円

【宿泊】
ゲストハウス架け橋
〒988-0224 宮城県気仙沼市長磯前林55番地3

【交通手段について】

※参加申し込み後にお届けするメールにて詳細をご連絡致します
18時までにゲストハウスへ到着をお願いします。

仙台より
1. 【高速バス】ミヤコーバス気仙沼・南三陸−仙台線(約2時間24分 片道1,800円)
仙台駅前宮交仙台高速バスセンター40番より乗車 
階上公民館前下車 徒歩15分(以下に時間表記載)
http://www.miyakou.co.jp/cms/express/desc/14/

2. 【JR】電車(約3時間30分 片道2,060円)
JR仙台駅より東北本線乗車 JR小牛田駅下車
JR小牛田駅よりJR石巻線乗車 JR柳津駅下車
JR柳津駅よりJR気仙沼BRT乗車 陸前階上駅下車 徒歩10分

仙台駅までには東京発の高速バスがございます。

【注意事項】
・事前研修と事後のリフレクションは参加必須となっております。全日程に参加できない場合、参加が認められない場合がございます。
・プログラム参加には災害ボランティア保険への加入が必須です。事前研修までに各地の社会福祉協議会にて申込を行って下さい。
 ボランティア保険は年度末に切れますので、前年度に加入済みの方はご注意ください。
・直前キャンセルの場合、参加費の一部もしくは全額お支払いいただく可能性があります。
・プログラムへ応募していただいた参加者様には、Youth for 3.11のメールマガジンを送付させていただきます。
 あらかじめご了承ください。なお、登録解除方法は送付されましたメールにてご確認ください。

参加者の声

この体験談を見に行く
このプログラムに応募する リピーターの方、プログラム内容へのお問い合わせはこちら

寄付/サポート1日30円から学生と社会的活動をつなぐ支援が行えます。詳しく見る

PICK UP

募集中のボランティア

360ボランティア最新記事

WE WANT YOU !!

学生運営メンバー随時募集中


東京 and 関西


詳しく見る
?