ぼあらずアイキャッチ画像

食材から手作り!安全・安心の家庭の味を提供したい

宮城県気仙沼のとある山奥の一軒家。ここが気仙沼のお弁当屋さん「VOARLUZ」の拠点だ。そして、代表の佐藤春佳さんの実家でもある。佐藤さんが震災を期に〝安全な食〟を求めて編み出した解決策は、「自分で一から作る」こと。現在実家の畑を活用して作った野菜やお米で、手作りのお弁当を作っている。野菜中心の優しい味は、子供からお年寄りまで幅広い世代に好評だ。トラックにお弁当を乗せて、今日も気仙沼の町を走り回る。 2014.11.30

プロフィール

VOARLUZ 佐藤春佳

気仙沼のお弁当屋さん「VOAR LUZ」の代表。東京へ上京していたが、震災を期に再び家族と実家の気仙沼で暮らし始めることを決める。2児の母として子育てをしながら、安心・安全な食べ物を届けるべく、慌ただしい日々を送っている。

原発の影響下で、自分自身何を食べて良いのか、
母として、子供に何を与えたら良いのかが、わからなかった。


ボアラズの活動を始めようと思ったきっかけは?

震災当初、食べるものがどこにも売ってなかった。買い物に行く足もない、ガソリンもない。さあどうするってなったときに、うちはご飯に困らなかった。
というのも、元々実家でじいちゃんが畑をやっていたからで、野菜もあるし米もあるし、備蓄とかも、それこそみそとかが結構あったんだよね。この量で家族(そのときは8人)がどれくらい過ごせるかっていうのをそのとき初めて計算したんだ。そしたら2ヶ月くらいいけたの。(笑)


わお!(笑)

そのときに、この畑を使わないのはもったいないという話になって。もしちゃんとやっていれば、今回みたいなときにもご近所にあげられるくらいの量が取れるしね。

しかも、震災前はほとんど東京にいて気づかなかったんだけど、またばあちゃん家で生活していて、ばーちゃん家の畑が小さいときと全然違う風景になっていることに気がついた。そのときに、これはもとにもどさないと、生態系も崩れるし、あんなに小さいときに遊んだところをこのままにしておく訳にはいかないと思った。

畑の風景

佐藤さんのおばあさんの家の畑の様子(2月)

で、「よし!農業やるぞ!」と意気込んだところで、ドッカン(=原発事故)でしょ。
 最初って電気が通ってなかったからラジオの音でしか情報がなくて、まあそんなにすごくないんだろうなって思ってた。テレビがつくまでに3週間くらい時間があったんだけど、その3週間後に映像を見るわけだよね。それで、「いやーこれはちょっとやばいだろう」と。あんなのが爆発したら確実にこの辺にも降ってきてるはずだし、「あれ、この3週間自分どうしてたっけ?」って。
あのときは放射能に関しての基準値もかなり曖昧だったんだよね。
当時の暫定基準値が500でしょ?500以下のものが市場に大量に出回ってたわけだ。(苦笑)

で、そうなると、何を食べていいのかが自分の中でわからなかったんだよね。やっぱり自分が母親なだけに、子供たちに与えるものをどうするかっていうのを考えたときに、選択肢がなかなか見つからなかった。で、だったらその選択肢の1つをわたしが作ったらいいんじゃないかって。その選択肢が欲しい人って必ずいると思うし、今後その放射能の問題って言うのは何年も続いていくものだから、その人たちが手軽に安全なものを買える状況を作らないと、何かあってからじゃ遅いからっていうことで始めたんだよね。


なるほど。ママだからこその視点ですね。

そうそうそう。子供がいなければねー全然わたし気にしてないと思う。(笑)
子供を産む前はものすごい不健康な生活をしていたから。だから子供が生まれてガラッと変わったというか、子供生んでなかったらまだ東京でのらりくらりと暮らしていたと思う。それ以外にもじいちゃんばあちゃんが年取って農業できなくなったりだとか、いろんな要因がつながってはじめたんだけどもね。
はじめてみるとまあ、なかなか思い通りにはいかず、大変ですよ。(笑)

赤ちゃんからお年寄りまで、
“薄味で野菜中心”の手作り弁当が好評

お弁当

2014年9月4日のお弁当メニュー

スクリーンショット 2014-11-24 16.28.38


現在のVOARLUZの活動は主に農業と、収穫した食材で作る手作り弁当の販売だとお聞きしています。なぜ、お弁当屋さんにしようと?

実は最初はお惣菜屋さんにしようと思ったんだよね。なぜかいうと、わたしがなかなか子供を見ながらご飯を作ったりするのが大変で、かつ気仙沼ってあんまりお惣菜屋さんとかがないから。あったとしても揚げ物とか、コッテコテのしかなくて…。なんとか野菜中心の食事をしたいって思っている人たちが結構いるから、実家の野菜の材料を使ってやればいいんじゃないのかって思ったんだ。自分のところで取って、加工して、販売してっていう流れは間違いなくスムーズだから、じゃあお惣菜かなーっていう。

今も、本当はお惣菜屋さんがやりたいんだけども、配達ってなるとやっぱりお弁当の注文が多いんだよね。お惣菜単品の注文っていうのは、まあ当然だなとは思うんだけど、なかなか需要がないから。
とりあえずはお弁当をやって、ゆくゆくはお惣菜屋さんにできればなと思ってる。


お弁当の売る先はだいたい決まっているんですか?

もとは仮設住宅で考えていたんだけど、いざやってみてわかったのが、お昼って仮設住宅の人は大体いないんだよね。おじいちゃんおばあちゃんとかはいるけど、みんなほとんど働きに出てるわけよ。ていうので、お昼は企業さん。で、仮設住宅には夜出来たらと思ってる。まだ願望だけど。やっぱり仕事終わった後に欲しいっていう人が結構いるからね。

あと、こないだ問い合わせが来て、これはどうにかしないといけないんじゃないかと思ったのが、高齢者で一人暮らしで病気の人の娘さんから連絡を頂いて、市の配食サービスとかもあるんだけど、なかなか毎日配達してくれるわけではないし、大変なんですよね、みたいな。だから佐藤さんのところでぜひ、あれだったらできませんかっていうので、この間そのおじいちゃんに会って話をしてきて、そしたらやっぱり、週に一回火曜日だけで、メニューも揚げ物とか普通のお弁当同様で、ご飯も固い。歯も弱くなってきているから食べにくいというのと、あとはやっぱり年金暮らしだから、なかなか毎日いくらっていう金額を出すのが難しいと。まあそりゃそうだよね〜っていう話をして。だけどそういう人って世の中にたくさんいるから、そこはちょっとね、なんとかできることならなんとかしたいなっていう、気持ち。


しゅ、週に一回ですか。謎ですね…。
さっきホワイトボードに離乳食のメニューらしきものを見たのですが、ボアラズのお弁当は赤ちゃんも食べれるんですか?

離乳食

加工場の入り口すぐにあるホワイトボード

食べれる食べれる。出汁もちゃんと取ってるやつだし、化学調味料使ってないから。作ったものを離乳食にするのはわりかし簡単なのよ。


なるほど、それは安心ですね。
買う人は大人の方が多いんですか?

うん、企業の人と、あとは役所関係とかかが高頻度かな。


何か言われて嬉しかったことはありますか?

結構、他のお弁当屋さんだと味が濃かったりとか、油こてこての唐揚げとかが多い中で、野菜中心で薄味のお弁当が嬉しいって言ってくれる方が多い。
結構、他から出向して来てる人が多くて、朝昼晩外食とか、朝昼晩お弁当とかで、すぐに食べたくなるらしいんだよね。なので、こういう手作り感と言うか、が喜んでもらえているのではないでしょうか。


VOARLUZは放射能測定器も使って安全性をチェックしていると伺っています。セシウムの数値って、数字だけ見ても安全なのかどうなのか、わたしは実際のところよくわからないのですが、もう少し一般の人向けにならないものでしょうか。

わからないよね。今ちょうどそれをわかりやすく見れるものっていうのを考えてるんだけど、なかなか難しい。それで最近放射能を研究している人とも会うんだけど、やっぱりやってる人たちって結構数字に強くて、わかっちゃうんだよね。データ収集が目的なことが多いから、わかりやすく書くって言うのがその人たちには分野外なところだと思うんだわ。私はあんまり数字強くないから、いかにそれをわかりやすく、伝えやすくするかっていうのをやりたい。


出来たらかなり助かる人が増えそうですね。


最後に、学生ボランティアが来た前と後で変化はありますか?

んー、でもやっぱり若い子たちが入ることによって活気が出るというか、それは絶対あると思うし、やっぱり普段見ている視点が人に寄って全然違うから新たな発見があって面白い。


へ〜!例えばどんな発見ですか?

例えば、田んぼの形。わたしは小さい頃からあの田んぼの形を見慣れているから気づかなかったけど、真四角の田んぼしか見たことがなかった子が「こんな田んぼの形あるんですねー!」って感動していたり、あとは野菜がこんな風になってるんだ、っていう発見があったりとか。


都会にいると野菜が出来るまでのプロセスとか普段見ないですからね〜。

そうそう。農業に携わったことのないシティーガールが多かったけど、そういう子たちが来てくれて、うちをおばあちゃん家に来たみたいだって喜んでくれたことが嬉しい。ばあちゃんたちも喜んでるしね。(笑)

行って終わりじゃなくて、「またVOARLUZ行ってきたよ!」っていう形で関わってくれる子が増えるといいなと思う。

1人のパワフルママの行動によって、気仙沼の人の救いとも言える1つの「安全な食」の選択肢ができました。こうした消費者の“食べる”という営みへの不安を解消することは、“風評被害”などの問題を解消することにもつながりそうですね。
VOARLUZの活動は、今日も気仙沼の活力となって町の人たちの生活を支えています。

VOAR LUZをもっと知りたい方は公式HPをご覧下さい♪


☆★学生編集者・ライター募集中!!☆★

ライター:長瀧彩花

追記:

お弁当の配達事業は人員不足のため、2014年12月22日をもって一時休業するとのご報告がありました。
今後は、農業・加工食品・雑貨の製造販売を中心に行っていく方針とのこと。

PICK UP

360ボランティア最新記事

WE WANT YOU !!

学生運営メンバー随時募集中


東京 and 関西


詳しく見る

「他人事」として捉えていた3.11

活動期間 : 公開日 : 2017.03.13

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

私にとって3.11は「転機」です。

2011年3月11日震災発生当初は、父親と一緒に自宅にいました。

中学2年生3学期が修了し、早めに授業が終わったので家にいました。

波に覆われる街、流される車、壊れる家屋を見ました。

その後家族が、電車が止まり線路を歩いて帰ってきた。
帰りが遅くなる。そしてまたいつもと同じように夕食を食べました。

震災の余波を直接受けることのなかった私にとって、どこか「他人事」として捉えていました。

ー私1人の力で何ができる?

ー関わって何が変わる?

そう考えながら、いつもテレビの前で日々新しくなる情報を見つめていました。

ー自分の目で確かめてみよう。

と行動に起こせるようになったのが、大学1年生になった2015年春でした。

高校3年生の春からYouth for 3.11の存在を知り、中間支援という形なら東京に住みながらでもできる支援だと考えました。大学進学をきっかけに2015年4月から今までお世話になりました。

宮城県石巻市の仮設住宅へ新聞配達に携わり(石巻復興きずな新聞)、宮城県石巻市での学習支援ボランティアに(被災地支援プロジェクトEn)参加しました。

いつどこで災害が起こるか分かりません。

そのときに自分は大丈夫だと思えません。

それでも日常は過ぎていきます。

それでもその日常の尊さを「現地へ行くこと」を通して、気づいてもらいたいと私は考えています。

1人でも多くの人に、関わりたいけれど関わることができなかった、方法が分からなくてどうすればよかったか分からなかった。

そういった学生のみなさまの窓口でありたいと思っています。

Youth for 3.11
久保田





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Youth for 3.11

若い力を社会に届け
学生に社会性を提供する
ボランティアプラットフォーム

一日も早い復興と社会問題の解決に
学生が参画できる社会を目指す

twitter: https://twitter.com/Youth_for_311
facebook: https://www.facebook.com/youthfor311
Instagram: https://www.instagram.com/youth_for_311/

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

*投稿元*
Youth for 3.11公式Facebook

プログラム詳細

参加者の声

この体験談を見に行く
このプログラムに応募する リピーターの方、プログラム内容へのお問い合わせはこちら

スローガンは、「探・知・癒」

活動期間 : 公開日 : 2017.02.16

運営メンバー募集中ですぞー

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

今回の参加者は、

高校生の山崎さん
大学1年の小幡さん
大学2年の浅井さんの3名です。

参加に至った経緯は、

「母が探してきてくれた」
「外国でなくて今度は日本でボランティアをしたい」
「親元を離れたかったから」

このほか、いろいろありました。

でも決してネガティブなものではないんですね。

話を聞いていくうちにだんだんとその意図が分かってきました。

スローガンは、

「探・知・癒」

自分探し
知る
癒される

みなさまにとってよい転機となれるといいですね。
日程が同じでもお世話になる漁師さんが異なる場合があるので、現地でのオリエンテーション・ふりかえりでしか会うことが無い場合もあります。

それでもこの思いを共有できてよかったですね。
私も研修できてよかったなー。

写真撮ろうか。

ちょっとボケちゃった。

みんなで撮ろうか

リフレクションは活動の振り返りや今後の支援活動につなげるためにとても大切なものですので、必ずご参加ください。

Youth for 3.11は現地の活動には基本的には干渉いたしませんので、現地での学びを存分に得つつ、個人の責任ある行動を心がけてください。

なかじーさん、もりみー
一緒に研修できてよかったです。いろいろありがとう。
これからの研修/リフレクションに備えましょう。

そしてこれから「みんな」でがんばろう。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

運営メンバー募集中です~

プログラム詳細

参加者の声

この体験談を見に行く
このプログラムに応募する リピーターの方、プログラム内容へのお問い合わせはこちら

【春休み限定!】気仙沼の復興支援

気仙沼で復興支援!【春休み/学生/高校生】

活動期間 : 2泊3日 公開日 : 2017.02.01

活動内容

東北では震災から5年が経ち復興道半ばにも関わらず、ボランティアの減少は一途をたどります。

 

しかしながら、今もなお日々の生活に困り、手伝いを求めている方がたくさんいます。
このような現状を変えるためには、一人ひとりの一歩が必要だと私たちは考えています。
メディアを通してではなく自分の目で被災地を見るために。
単なるボランティアではなく、被災された方と交流し、ずっと繋がるボランティアを。

今回は2泊3日の午前にワカメ漁師のお手伝いをし、午後はフリータイムとしてお好きな活動を選ぶことができます。
詳細はスケジュールをご覧ください。

 

※ボランティア活動
NPO法人浜わらす様のご協力により蔵内之芽組・合同会社花浜でのボランティア活動を行います。
漁師さんとワカメの刈り取りのボランティアを予定しております。
蔵内之芽組の詳細はこちら。合同会社花浜の詳細はこちら。
1年以内に「漁師の気まぐれセット」(海鮮詰め合わせ)が届きます。

 

 

 “架け橋”HPリンク
http://www.kakehashi0311.com
※リンク先でのボランティア登録は行わないで下さい。

※”架け橋”は、日々のニーズに合わせて活動しています。

そのため、上記の内容とずれる場合や、活動数が時期により変化する場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

ボランティア先の方よりメッセージ

共催者メッセージ:特定非営利活動法人 浜わらす 代表 笠原一城
みなさま、こんにちはNPO法人浜わらすの笠原です。
被災地東北は震災から6年が過ぎようとしています。 少子高齢化や人口の流出が加速している気仙沼において、若い世代の元気なパワーは 多くの人たちの励みとなり被災地を元気づける活力となります。
地元の漁師さんたちと活動をともにすることによって、「海の暮らしの今」を感じとっていただけると思います。 東日本大震災6年目の社会を自分の目で確かめに来てください!!

 

共催者メッセージ:特定非営利活動法人Cloud JAPAN代表理事 田中惇敏
2011 年3 月11 日、この地で多くの命が失われました。そしてその後も。
私は人生初の上司を過労死で亡くしました。毎日寝る間も惜しみ、大好きな家族との時間も犠牲にして復興に尽力していたのに。
報道こそされませんが、そんな人々がここにはたくさんいます。 復興には多くの人の人生、そして命がかかっています。
その先に何があるのか。その人々は残された私たちに何を望むだろうか。人が集まらない衰退していく街に復興させることはきっと望んでいないはずです。
震災後多くの専門家がそれぞれの復興を考え少しずつ形となってきています。
このような意味では震災は悲劇であると共に、この復興が人の集まる街づくりに繋がれば、東北は今後の地方のリーダーとなる可能性をもっていると考えることができます。
私はこの地で地域の本当に温かい皆様に受け入れていただき、全国の支援者一人一人の想いを受けて活動することができました。このご縁を大切にし、ご恩を継承するために全国1000 人の家族とともに被災地の復興に尽力していきます。
ぜひ皆様の温かいお力をお貸しください。

 

 

 

 

 

 

 

 


架け橋のアルバム

 

 

 

 

 

 


【1期:2月19日(日)-21日(火)】
▢募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【2期:2月22日(水)-24日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【3期:2月26日(日)-28日(火)】
□募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【4期:3月1日(水)-3日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【5期:3月5日(日)-7日(火)】

▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【6期:3月8日(水)-10日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【7期:3月12日(日)-14日(火)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【8期:3月15日(水)-17日(金)】
□募集終了しました
▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【9期:3月19日(日)-21日(火)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

【10期:3月22日(水)-24日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

【11期:3月26日(日)-28日(火)】
□募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

【12期:3月29日(水)-31日(金)】
□募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

※事前研修とリフレクションへの参加は必須となっております。
※事前研修とリフレクションの会場は、Youth for 3.11オフィス(最寄駅:五反田駅・大崎広小路駅)で行います。
〒141-0032 東京都 品川区大崎4-1-7
※リフレクションの日程は決まり次第お知らせ致します。

【初日】到着-18時:フリータイム(下記、参照)18時〜:語り部さんのお話が聞けます。
【2日目】AM (8:00-12:00) :ボランティア活動  PM:フリータイム(下記、参照)
【3日目】AM :ボランティア活動        PM:フリータイム(下記、参照)
(3日目以降も宿泊をしたい方は3500円/日でお泊り頂けます。)

※フリータイム
気仙沼の観光案内や絵本カフェでまったり過ごすなどスタッフと相談してお好きな活動を行うことができます。下記の3つは事前予約制となっていますので予約フォームでご要望をご記入ください。
a.ジェルキャンドル作り(事前予約:1000円)
シーグラスや貝殻をいれてジェルキャンドルを作ります!
2016-07-27 16.13.31
b.海のフォトフレーム作り(事前予約:1000円)
貝殻などを使ってフォトフレームを作ります!

c. 語り部タクシー(事前予約:有料)
タクシーに乗って実際に被災地を見ながら、語り部さんの話を聞きます。

・作業服2日分(長袖・長ズボン。ジャージ等で動きやすい恰好がよいです。ウインドブレーカーなどの防寒着が必要です。)
・健康保険証
・ボランティア活動保険加入カード(または災害ボランティア保険領収書)
・防寒グッズ(カイロ、マフラー、手袋など)
・携帯充電器、下着、洗面道具等、その他活動や宿泊する上で必要となるもの
・お金(食費や銭湯代など、コンビニで下すことは可能です)
・長靴の中の厚手の靴下(作業中激寒です)
・雨具
・長靴

 

 

 

 

 

 

 

プログラム詳細

【活動場所】 
   宮城県気仙沼市

【費用】
   基本的に、各自自己負担(食費、交通費)となります。
    ・交通費 新宿から往復約10,000円(高速バスを乗り継いだ場合)
    ・食費
    ・活動協力費 2泊3日の宿泊費と活動費と作業道具費 15,000円
   ・Youth for 3.11活動協力費 1000円

【宿泊】
ゲストハウス架け橋
〒988-0224 宮城県気仙沼市長磯前林55番地3

【交通手段について】

※参加申し込み後にお届けするメールにて詳細をご連絡致します
18時までにゲストハウスへ到着をお願いします。

仙台より
1. 【高速バス】ミヤコーバス気仙沼・南三陸−仙台線(約2時間24分 片道1,800円)
仙台駅前宮交仙台高速バスセンター40番より乗車 
階上公民館前下車 徒歩15分(以下に時間表記載)
http://www.miyakou.co.jp/cms/express/desc/14/

2. 【JR】電車(約3時間30分 片道2,060円)
JR仙台駅より東北本線乗車 JR小牛田駅下車
JR小牛田駅よりJR石巻線乗車 JR柳津駅下車
JR柳津駅よりJR気仙沼BRT乗車 陸前階上駅下車 徒歩10分

仙台駅までには東京発の高速バスがございます。

【注意事項】
・事前研修と事後のリフレクションは参加必須となっております。全日程に参加できない場合、参加が認められない場合がございます。
・プログラム参加には災害ボランティア保険への加入が必須です。事前研修までに各地の社会福祉協議会にて申込を行って下さい。
 ボランティア保険は年度末に切れますので、前年度に加入済みの方はご注意ください。
・直前キャンセルの場合、参加費の一部もしくは全額お支払いいただく可能性があります。
・プログラムへ応募していただいた参加者様には、Youth for 3.11のメールマガジンを送付させていただきます。
 あらかじめご了承ください。なお、登録解除方法は送付されましたメールにてご確認ください。

参加者の声

この体験談を見に行く
このプログラムに応募する リピーターの方、プログラム内容へのお問い合わせはこちら

寄付/サポート1日30円から学生と社会的活動をつなぐ支援が行えます。詳しく見る

PICK UP

募集中のボランティア

360ボランティア最新記事

WE WANT YOU !!

学生運営メンバー随時募集中


東京 and 関西


詳しく見る
?