若い力を社会に届け
学生に社会性を提供する
ボランティアプラットフォーム

若い力を社会に届け
学生に社会性を提供する
ボランティアプラットフォーム


Our Goal


一日も早い復興と社会問題の解決に
学生が参画できる社会を目指す

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、ボランティア不足が深刻であるにもかかわらず、学生がボランティアに行けていない現状を目の当たりにしました。

Youth for 3.11は将来日本社会を担う学生が、社会問題解決において重要な存在であると考えています。そこで私たちは、学生にとって参加しやすいボランティアの機会を提供し、ボランティアと学生をつなぐことで社会問題に向き合える若者を増やしていきます。

  •     

     

  • 18,186

    の学生を派遣

  •     

     

  • 44

    のメディアに掲載


Our Content


Youth for 3.11が提供しているもの

  • 宿泊所、食事などを安価で提供するハードルの低いボランティアプログラム

    現地で活動する団体と提携し、学生の参加しやすいボランティアプログラムを複数作成します。活動内容や行く場所が異なり、自分の興味や得意なことを活かせるプログラムとなっています。

    募集中のボランティア一覧を見る >>
  • 体験者や他団体NPOなど、社会活動に取り組む人を取材したインタビューコンテンツ

    実際にボランティア活動をおこなった学生や、参加後の社会人、社会変革を最前線でおこなう人に対してのインタビューをお届けします。こういった方々の気持やストーリーに感化して一歩を踏み出す学生を増やしていきます。

    記事を読む >>
  • 東北やボランティアを身近に感じてもらうリアルイベントの開催

    2カ月に1回程度イベントを開催しています。東北での活動報告や他団体とのコラボレーション、社会を良くする働き方などテーマは毎回異なります。リアルな場で最前線で活躍する方との交流をお楽しみください。

Youth for 3.11と一緒に社会的課題に取り組みませんか?


Student Voice


団体概要

youth for 3.11
団体名 特定非営利活動法人 Youth for 3.11(ユース フォー サンテンイチイチ)
代表者 船登惟希
学生代表 武井裕典(立正大学3年)
設立 2011年3月11日(2013年3月21日 登記)
事業内容 (1) ボランティアプログラム開発事業
(2) ボランティア派遣事業(災害)
(3) ボランティア派遣事業 (中山間地域、過疎地域、福祉施設など)
(4) ボランティア支援事業 (事前研修・振り返り会の実施や、交通費・宿泊所サポートなど)
(5) その他定款3条に掲げる目的を達成するのに必要な事業
所在地 〒167-0052 東京都杉並区南荻窪1-33-21
送付先は別途ございます。こちらよりお問い合わせください。
年次報告書 2014年度年次報告書
イベント冊子  団体設立5年特別編集 18,124 -私たちの5年間-

団体監事のご紹介

  • board-member

    監事:田中 弥生

    日本NPO学会会長 / 大学評価・学位授与機構 教授

  • No
    Photo

    監事:赤塚 寛

    弁護士

  • board-member

    アドバイザー:高 敏晴

    髙敏晴公認会計士事務所 会計士

協賛団体


提携団体

?