新年のご挨拶

明けましておめでとうございます!

年始ということで、Youth for 3.11代表・永田和奈より新年のご挨拶を申し上げます。 2016.01.01

プロフィール

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

2015年もYouth for 3.11共々、大変お世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

我々Youth for 3.11は2011年3月11日の東日本大震災当日に立ち上がり、今日まで、ボランティア団体や寄付主の皆様、学生ボランティアの皆様、本当にたくさんの方々に支えられながらここまで走って参りました。この場を借りて深く御礼申し上げます。

 

今年の3月11日で、東日本大震災から丸5年が経ちます。まだ5年、もう5年、みなさんはどう感じられるでしょうか。

私たちYouth for 3.11も、今日まで絶えることなく学生ボランティアを派遣して参りましたが、現地のニーズや、また学生側の反応も、年を経るごとに明らかに変化してきています。中間支援団体だからこそ、双方のバランスをうまく取り持ちながら、現地にニーズがある限りこれからもひたむきにボランティア派遣を続けて参ります。

 

ところで、みなさんは年越しをどのように過ごされましたか?

私は紅白歌合戦、そして行く年来る年を見ながら新年を迎えました。

番組中の特別企画でNHKの復興応援ソング「花は咲く」を歌う企画がありました。出場歌手全員で合唱をし、みんなの想いが1つになる一体感、まさに音楽の力を感じました。

 

「誰かの笑顔が見える 悲しみの向こう側に」

 

私は折に触れてはこの歌詞を思い出します。悲しいことがあっても、その先には必ず笑顔が待っていると、希望を持って前に進もうとしている姿勢にとても励まされます。残された私たちの心の中にある花を、確実にバトンタッチしていけるよう、これからもひたむきに頑張って参りたいと思います。

 

私たちもまだまだ”未”熟ではございますが、2016年は猿のように活発に、様々なことに果敢に挑戦していける年にしたいと思っております。

今年もYouth for 3.11共々、どうぞよろしくお願い致します。

 

NPO法人Youth for 3.11 学生代表 永田和奈

 

PICK UP

360ボランティア最新記事

WE WANT YOU !!

学生運営メンバー随時募集中


東京 and 関西


詳しく見る