NICCO1

目に見える効果よりも、 「少しでも頑張れるようにそばにいること」

もともとは発展途上国の国際協力の分野で活動されていた公益社団法人、NICCO(日本国際民間協力会)。 震災をきっかけに東北での活動に力を注いできましたが、2014年9月をもって現地事務所は撤退、以後後は京都本部、東京事務所から引き続き現地を支援をされることになりました。 その理由と、3年間国内で震災ボランティアの方々を見てきて思う事、そして「社会貢献を仕事にする」個人的な経験をお話頂きました。 2014.06.07

プロフィール

公益社団法人 NICCO

吉田真由美さん(写真左):陸前高田市出身。NICCO東北事務所長 大場寛之さん'写真右): NICCO東北事務所 現地担当者 吉田明男(文中):震災をきっかけにNICCOに勤務。 現地コーディネーター

語られなかったペストコントロール

 

NICCOさんはもともとどこの地域から始まったんですか?

吉田真由美さん:カンボジアです。今から35年ほど前、京都の町にカンボジア難民を助けたいと願うカンボジアからの留学生がいて、その学生を助けたいという友人たちや他の学生、主婦たちが力を合わせて京の街角で募金を集め、タイ国境の近くにいるカンボジア難民たちに届けました。避難民の支援から農村開発をはじめて、東南アジアからアフガニスタン、イランなどの中東、そしてアフリカに広がり・・・という感じです。

世界各国の知識は東北にどう生かされたと思いますか?

吉田真由美さん:災害時の緊急支援は途上国で多くの実績があるので…あちこちからやってくる物資を受けて適正な基準をもって配布するなどのノウハウは役立ちますし、それぞれの災害においてニーズがちがうので、そのニーズを特定していく判断ですかね。

NICCOは震災が起こってから2時間で支援に入ることを決めて、まずは宮城県名取市で、もともと協力関係にあった桑山医師と協力して医療支援を開始しました。中東で勤務していた私も、一時帰国していたため、陸前高田に家族の安否を確認に行きました…水で分断されて最初入れなかったんですが、道路が開通した日に陸前高田市に入り、避難所でニーズ調査をして、物資配布等を始めました。モバイルクリニックの提供、がれき撤去やペストコントロールなど、数々の事業を実施しました

吉田明男さん:その中でもっとメディアに取り上げられるべきだと感じたのはペストコントロールです。つまり、害虫駆除のこと。五月以降からハエが大量発生し始め、がれきの中に残った3~4階の建物の壁面が真っ黒なんですよ。NICCOと日本ペストコントロール協会が協力してがれきの山の中での駆除作用を開始したんですけど、市民や行政、マスコミもなかなかその作業を見られない。本当に重要な作業で、ハエと蚊の駆除のおかげで伝染病や感染病が起きなかったんだと思っています。環境大臣からはNICCOに対して感謝状をいただきました。
ジンバエとかすごかったんですよね。加工場とかすごかったんですよ。それが語られないっていうのが悔しいの。個人的にはね。(笑)

吉田真由美さん:そういう感じで高田に入って、そのあと気仙沼や、宮城県の南部沿岸まで活動を展開しました。…今は気仙沼事務所を中心に事業を実施しています。

図2

【写真】参加してきた学生を見守り続けた吉田明男さん

 

みんなボランティアの姿を見ながらありがとう、ごくろうさんって思ってるんです

 

最近だとどれだけ貢献できたか目に見えないというフェーズに来ている分、謙虚である程力になれているのか分からないですよね。

自分のやることが復興にどうつながるのかイメージできないというか、「ニーズは何か」の答えを探している人が多いと思います

吉田真由美さん:目に見える結果や効果を求めるとそうかもしれません。支援団体も色々な活動をしていますが、ダイレクトに明瞭な効果をだせる事をやっている所って少ないと思うんです。建物を建てるとかは分かりやすいですね。例えば私たちがやっている漁業支援もちょこっと釣っている人から買おうとすることで、零細漁師が海に戻るように支援する。そうやって漁業の文化を守るってことなんです。大きな復興の取組みの中では確かにその一部に過ぎず、その意義をどう評価するのかは難しいですが、確実に効果を体感することは可能です。

仮設住宅への学生ボランティアの派遣にも、もちろん意義はあります。今後の地域の再建を担っていく仮設の住民が元気にならなければ、どんなに新しいものを建設しても意味がないんです。ちょっとでも長く頑張れるようにそばにいてあげて、生きる事の楽しさを感じてもらえるように心を通わせることが大事なんです。その大事さを実際に来たボランティアさんで感じる人も感じないひとも いると思うんです。感じた人が伝えていかないと。白黒で説明できないけど大事な役割を果たしていると思いますよ。

550567_317943268291635_19913817_n

【写真】NICCOプログラムで活動したYouthメンバー

 

吉田明男さん:こっちの人は、ボランティアの方々からすると、この通りずうずう弁(東北弁)で何話してるかわかんないでしょ?(笑)だからなかなか声かけられないんですよ。みんな遠くからボランティアの姿を見ながら、ありがとう、ごくろうさんって思ってるんです。全国からきてボランティアしてくれる姿を見てるだけで元気になれる。それが大半の意見なんですよ。綺麗になってくると確かに成果が見えないんですよね。でも釘一本拾ってくれただけで、将来に渡って怪我をしないで済む。今日一日の成果が見えないって悩んでる学生さんも多いけどそれだけでありがたいんです

僕らが言う言葉の重みと違うのでありがたいです。

吉田真由美さん:個人差はありますが感謝してない人はいないと思います。学生でも大人でも子供でも、人が出入りして交流が生まれて、都会の人も他の地方の人もこっちをみるようになる。この地の人たちも外を見るようになる。その効果って大きいんですよ。それはすごく大事なことですし、東北の多くの被災者もそう思っています。

現地事務所撤退を決められたのはいつごろですか?

吉田真由美さん:東北支援に入った時点で、およそ2年で撤退ではないかとNICCOは考えていたと思います。神戸の震災後の復興の様子から、また途上国での経験もありますから。自立できるまでを可能な限りサポートし、現地に移管して撤退するというのが当会の基本方針です。世界各地で色んなことが起こっているから、世界的に見て、誰がよりNICCOの支援を必要しているか考え、限られたリソースを踏まえて判断をしなければなりません

海外での勤務から、東北に来ることになってどうでしたか?

吉田真由美さん:震災当時は中東へ赴任していましたが、たまたま一時帰国中に地元でこういうことになったので、戻りたいという気持ちがあって志望しました。

大場さん:私が勤務を開始した時、NICCOは既に東北で活動していました。赴任当初は農業復興支援プロジェクトの担当だったんですが、それが完了した後も東北での活動が終了するまでは気仙沼にいることを希望しました。そのきっかけは、こちらで出会った方々と一緒に活動したり話をしたりするうちに、担当業務の大切さややりがいを実感する事ができたからです。YF3のボランティアさんで、ここに来ることの意味を悩んだままで来る学生も多いのですが、彼らと話をしながら、改めて自分もここにいたいなと気づかされる事もありました。

DSC_0580

【写真】Youthの学生が関わり続けた畑で収穫できたお米を使ったイベントの模様

 

この仕事の魅力は自分の人生や価値観と仕事が直結していること

そもそもNICCOさんに入ったきっかけを聞きたいです

吉田真由美さん:私は10年くらいサラリーマンをやっていて、でももともと貧困や紛争で悩む人たちを助ける仕事をしたいと思っていて。NGOでの経験もなかったし、多くのNGOは途上国での経験を求めるんですが、NICCOの場合は判断基準が少し違いました。よって、NICCOで勤務することになったのは、とてもいい意味での偶然です。ずっと踏み出せなかったんですけど、素晴らしい経験をする機会をいただきました

こういう団体で働いていて、やっていて楽しいと感じたり大変だと思うときはありますか?

吉田真由美さん: 今まで私が見てきた中では、NGOは待遇面が厳しく、組織の管理体制が整っていないケースも多いので、自分の仕事に確固とした信念を持つ事が大事だと思います。面白い所は、企業等と比べると、目的を達成するために割合自由な発想で事業を展開できる所でしょうか。それと、この仕事の魅力は、自分の人生や価値観と仕事が直結していることです。それぞれ課題を抱えている人たちを助けたいという思いで仕事をしているので、常に「仕事」について考えていて、生活の一部になってしまいます。これを仕事だからとストレスに感じることもありません。

吉田明男さん:これだけボランティアの方々が来てくれる。こんなに来てくれる事に圧倒されて、もうびっくりです。3年しかこういうことしてないけど、こんな世界があったんだって目から鱗ね。避難所でボランティアしてたんですよ。そこでたまたま見つけたのがNICCOだったんです。陸前高田市では病院も被災しましたから、医師と看護師を乗せて避難所へ訪問医療に回ることから始まりました。そして避難所生活改善のための発電機、洗濯機等々の物資を配達したり、炊き出ししたりと、多岐にわたりました。

こどもの日、避難所の子どもにハンバーグを食べてもらいたくて材料を捜すのに苦労しました。でも子どもたちの笑顔が忘れられません。過去62年はなんだったんだろうって感じです。でもこんな世界もあるんだなって。こうやってNICCOで東北の復興支援活動をしてきた人が現在ヨルダン等でまた活動してます。本当にすごい活動をしているなと思います。

僕も是非行ってみたいですけどこんなずうずう弁しゃべっているようじゃできないかなぁと思っています。(笑)

 


☆★学生編集者・ライター募集中!!☆★

ライター:宮木志穂

PICK UP

360ボランティア最新記事

WE WANT YOU !!

学生運営メンバー随時募集中


東京 and 関西


詳しく見る

「他人事」として捉えていた3.11

活動期間 : 公開日 : 2017.03.13

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

私にとって3.11は「転機」です。

2011年3月11日震災発生当初は、父親と一緒に自宅にいました。

中学2年生3学期が修了し、早めに授業が終わったので家にいました。

波に覆われる街、流される車、壊れる家屋を見ました。

その後家族が、電車が止まり線路を歩いて帰ってきた。
帰りが遅くなる。そしてまたいつもと同じように夕食を食べました。

震災の余波を直接受けることのなかった私にとって、どこか「他人事」として捉えていました。

ー私1人の力で何ができる?

ー関わって何が変わる?

そう考えながら、いつもテレビの前で日々新しくなる情報を見つめていました。

ー自分の目で確かめてみよう。

と行動に起こせるようになったのが、大学1年生になった2015年春でした。

高校3年生の春からYouth for 3.11の存在を知り、中間支援という形なら東京に住みながらでもできる支援だと考えました。大学進学をきっかけに2015年4月から今までお世話になりました。

宮城県石巻市の仮設住宅へ新聞配達に携わり(石巻復興きずな新聞)、宮城県石巻市での学習支援ボランティアに(被災地支援プロジェクトEn)参加しました。

いつどこで災害が起こるか分かりません。

そのときに自分は大丈夫だと思えません。

それでも日常は過ぎていきます。

それでもその日常の尊さを「現地へ行くこと」を通して、気づいてもらいたいと私は考えています。

1人でも多くの人に、関わりたいけれど関わることができなかった、方法が分からなくてどうすればよかったか分からなかった。

そういった学生のみなさまの窓口でありたいと思っています。

Youth for 3.11
久保田





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Youth for 3.11

若い力を社会に届け
学生に社会性を提供する
ボランティアプラットフォーム

一日も早い復興と社会問題の解決に
学生が参画できる社会を目指す

twitter: https://twitter.com/Youth_for_311
facebook: https://www.facebook.com/youthfor311
Instagram: https://www.instagram.com/youth_for_311/

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

*投稿元*
Youth for 3.11公式Facebook

プログラム詳細

参加者の声

この体験談を見に行く
このプログラムに応募する リピーターの方、プログラム内容へのお問い合わせはこちら

スローガンは、「探・知・癒」

活動期間 : 公開日 : 2017.02.16

運営メンバー募集中ですぞー

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

今回の参加者は、

高校生の山崎さん
大学1年の小幡さん
大学2年の浅井さんの3名です。

参加に至った経緯は、

「母が探してきてくれた」
「外国でなくて今度は日本でボランティアをしたい」
「親元を離れたかったから」

このほか、いろいろありました。

でも決してネガティブなものではないんですね。

話を聞いていくうちにだんだんとその意図が分かってきました。

スローガンは、

「探・知・癒」

自分探し
知る
癒される

みなさまにとってよい転機となれるといいですね。
日程が同じでもお世話になる漁師さんが異なる場合があるので、現地でのオリエンテーション・ふりかえりでしか会うことが無い場合もあります。

それでもこの思いを共有できてよかったですね。
私も研修できてよかったなー。

写真撮ろうか。

ちょっとボケちゃった。

みんなで撮ろうか

リフレクションは活動の振り返りや今後の支援活動につなげるためにとても大切なものですので、必ずご参加ください。

Youth for 3.11は現地の活動には基本的には干渉いたしませんので、現地での学びを存分に得つつ、個人の責任ある行動を心がけてください。

なかじーさん、もりみー
一緒に研修できてよかったです。いろいろありがとう。
これからの研修/リフレクションに備えましょう。

そしてこれから「みんな」でがんばろう。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

運営メンバー募集中です~

プログラム詳細

参加者の声

この体験談を見に行く
このプログラムに応募する リピーターの方、プログラム内容へのお問い合わせはこちら

【春休み限定!】気仙沼の復興支援

気仙沼で復興支援!【春休み/学生/高校生】

活動期間 : 2泊3日 公開日 : 2017.02.01

活動内容

東北では震災から5年が経ち復興道半ばにも関わらず、ボランティアの減少は一途をたどります。

 

しかしながら、今もなお日々の生活に困り、手伝いを求めている方がたくさんいます。
このような現状を変えるためには、一人ひとりの一歩が必要だと私たちは考えています。
メディアを通してではなく自分の目で被災地を見るために。
単なるボランティアではなく、被災された方と交流し、ずっと繋がるボランティアを。

今回は2泊3日の午前にワカメ漁師のお手伝いをし、午後はフリータイムとしてお好きな活動を選ぶことができます。
詳細はスケジュールをご覧ください。

 

※ボランティア活動
NPO法人浜わらす様のご協力により蔵内之芽組・合同会社花浜でのボランティア活動を行います。
漁師さんとワカメの刈り取りのボランティアを予定しております。
蔵内之芽組の詳細はこちら。合同会社花浜の詳細はこちら。
1年以内に「漁師の気まぐれセット」(海鮮詰め合わせ)が届きます。

 

 

 “架け橋”HPリンク
http://www.kakehashi0311.com
※リンク先でのボランティア登録は行わないで下さい。

※”架け橋”は、日々のニーズに合わせて活動しています。

そのため、上記の内容とずれる場合や、活動数が時期により変化する場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

ボランティア先の方よりメッセージ

共催者メッセージ:特定非営利活動法人 浜わらす 代表 笠原一城
みなさま、こんにちはNPO法人浜わらすの笠原です。
被災地東北は震災から6年が過ぎようとしています。 少子高齢化や人口の流出が加速している気仙沼において、若い世代の元気なパワーは 多くの人たちの励みとなり被災地を元気づける活力となります。
地元の漁師さんたちと活動をともにすることによって、「海の暮らしの今」を感じとっていただけると思います。 東日本大震災6年目の社会を自分の目で確かめに来てください!!

 

共催者メッセージ:特定非営利活動法人Cloud JAPAN代表理事 田中惇敏
2011 年3 月11 日、この地で多くの命が失われました。そしてその後も。
私は人生初の上司を過労死で亡くしました。毎日寝る間も惜しみ、大好きな家族との時間も犠牲にして復興に尽力していたのに。
報道こそされませんが、そんな人々がここにはたくさんいます。 復興には多くの人の人生、そして命がかかっています。
その先に何があるのか。その人々は残された私たちに何を望むだろうか。人が集まらない衰退していく街に復興させることはきっと望んでいないはずです。
震災後多くの専門家がそれぞれの復興を考え少しずつ形となってきています。
このような意味では震災は悲劇であると共に、この復興が人の集まる街づくりに繋がれば、東北は今後の地方のリーダーとなる可能性をもっていると考えることができます。
私はこの地で地域の本当に温かい皆様に受け入れていただき、全国の支援者一人一人の想いを受けて活動することができました。このご縁を大切にし、ご恩を継承するために全国1000 人の家族とともに被災地の復興に尽力していきます。
ぜひ皆様の温かいお力をお貸しください。

 

 

 

 

 

 

 

 


架け橋のアルバム

 

 

 

 

 

 


【1期:2月19日(日)-21日(火)】
▢募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【2期:2月22日(水)-24日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【3期:2月26日(日)-28日(火)】
□募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【4期:3月1日(水)-3日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:2月18日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月4日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【5期:3月5日(日)-7日(火)】

▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【6期:3月8日(水)-10日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【7期:3月12日(日)-14日(火)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【8期:3月15日(水)-17日(金)】
□募集終了しました
▢事前研修:3月4日(土)13:00~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:3月18日(土)13:00〜14:30 @Youth五反田オフィス

【9期:3月19日(日)-21日(火)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

【10期:3月22日(水)-24日(金)】
▢募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

【11期:3月26日(日)-28日(火)】
□募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

【12期:3月29日(水)-31日(金)】
□募集終了しました
▢事前研修:3月18日(土) 1300~14:30 @Youth五反田オフィス
▢リフレクション:4月8日(土)13:00〜14:30@Youth五反田オフィス

※事前研修とリフレクションへの参加は必須となっております。
※事前研修とリフレクションの会場は、Youth for 3.11オフィス(最寄駅:五反田駅・大崎広小路駅)で行います。
〒141-0032 東京都 品川区大崎4-1-7
※リフレクションの日程は決まり次第お知らせ致します。

【初日】到着-18時:フリータイム(下記、参照)18時〜:語り部さんのお話が聞けます。
【2日目】AM (8:00-12:00) :ボランティア活動  PM:フリータイム(下記、参照)
【3日目】AM :ボランティア活動        PM:フリータイム(下記、参照)
(3日目以降も宿泊をしたい方は3500円/日でお泊り頂けます。)

※フリータイム
気仙沼の観光案内や絵本カフェでまったり過ごすなどスタッフと相談してお好きな活動を行うことができます。下記の3つは事前予約制となっていますので予約フォームでご要望をご記入ください。
a.ジェルキャンドル作り(事前予約:1000円)
シーグラスや貝殻をいれてジェルキャンドルを作ります!
2016-07-27 16.13.31
b.海のフォトフレーム作り(事前予約:1000円)
貝殻などを使ってフォトフレームを作ります!

c. 語り部タクシー(事前予約:有料)
タクシーに乗って実際に被災地を見ながら、語り部さんの話を聞きます。

・作業服2日分(長袖・長ズボン。ジャージ等で動きやすい恰好がよいです。ウインドブレーカーなどの防寒着が必要です。)
・健康保険証
・ボランティア活動保険加入カード(または災害ボランティア保険領収書)
・防寒グッズ(カイロ、マフラー、手袋など)
・携帯充電器、下着、洗面道具等、その他活動や宿泊する上で必要となるもの
・お金(食費や銭湯代など、コンビニで下すことは可能です)
・長靴の中の厚手の靴下(作業中激寒です)
・雨具
・長靴

 

 

 

 

 

 

 

プログラム詳細

【活動場所】 
   宮城県気仙沼市

【費用】
   基本的に、各自自己負担(食費、交通費)となります。
    ・交通費 新宿から往復約10,000円(高速バスを乗り継いだ場合)
    ・食費
    ・活動協力費 2泊3日の宿泊費と活動費と作業道具費 15,000円
   ・Youth for 3.11活動協力費 1000円

【宿泊】
ゲストハウス架け橋
〒988-0224 宮城県気仙沼市長磯前林55番地3

【交通手段について】

※参加申し込み後にお届けするメールにて詳細をご連絡致します
18時までにゲストハウスへ到着をお願いします。

仙台より
1. 【高速バス】ミヤコーバス気仙沼・南三陸−仙台線(約2時間24分 片道1,800円)
仙台駅前宮交仙台高速バスセンター40番より乗車 
階上公民館前下車 徒歩15分(以下に時間表記載)
http://www.miyakou.co.jp/cms/express/desc/14/

2. 【JR】電車(約3時間30分 片道2,060円)
JR仙台駅より東北本線乗車 JR小牛田駅下車
JR小牛田駅よりJR石巻線乗車 JR柳津駅下車
JR柳津駅よりJR気仙沼BRT乗車 陸前階上駅下車 徒歩10分

仙台駅までには東京発の高速バスがございます。

【注意事項】
・事前研修と事後のリフレクションは参加必須となっております。全日程に参加できない場合、参加が認められない場合がございます。
・プログラム参加には災害ボランティア保険への加入が必須です。事前研修までに各地の社会福祉協議会にて申込を行って下さい。
 ボランティア保険は年度末に切れますので、前年度に加入済みの方はご注意ください。
・直前キャンセルの場合、参加費の一部もしくは全額お支払いいただく可能性があります。
・プログラムへ応募していただいた参加者様には、Youth for 3.11のメールマガジンを送付させていただきます。
 あらかじめご了承ください。なお、登録解除方法は送付されましたメールにてご確認ください。

参加者の声

この体験談を見に行く
このプログラムに応募する リピーターの方、プログラム内容へのお問い合わせはこちら

寄付/サポート1日30円から学生と社会的活動をつなぐ支援が行えます。詳しく見る

PICK UP

募集中のボランティア

360ボランティア最新記事

WE WANT YOU !!

学生運営メンバー随時募集中


東京 and 関西


詳しく見る
?