小野田農園アイキャッチ

A first step for the future〜食を知る〜

通常Facebookにてご紹介させて頂いている日報をまとめて活動報告にさせて頂きました! 今回は「Youth×小野田農園1期」です! 2014.07.27

プロフィール

Youth×小野田農園1期

Youth ×小野田農園1期の参加メンバー ※Youth×小野田農園とは山梨県北杜市の農家さんの元で農作業のお手伝いをするプログラムです。 http://youthfor311.com/onoda-farm/

【事前研修】

スローガンは、“A first step for the future〜食を知る〜”

農業のお手伝いをすることで、食の大切さを知りたいという思いから来ました!

《写真》 事前研修にて

小野田事前研修

【一日目】加茂ひかり

今日はメンバー四人で電車で小淵沢まで一緒に行きました!

小野田さんとの待ち合わせ時間の一時間前に到着したので、近くのお蕎麦屋さんでお昼ご飯を食べました。

小野田さんご夫婦に車で迎えに来てもらい、到着後はお米の種蒔き作業を手伝いました。

二時間半ほど活動し、おやつを食べながら小野田さんのお話を伺いました。

南相馬市の震災当時の動画を見せてもらいましたが、衝撃的でした。

夜ご飯は、アスパラガス・タマネギ・ネギ・茄子・キャベツ・人参・安納芋・お肉の焼肉と、ウドやアスパラガスのお漬物、お米をいただきました。

どれも本当にとても美味しかったです!

夜ご飯の途中から筑波大学の農業サークルの方も合流し、みんなでお話して、近所の温泉施設に行きました。

空気が綺麗で、食べ物は美味しく、小野田さんご夫婦は親切でとても良い環境です。

明日も頑張りたいと思います。

【二日目】Fumitaka Horiuchi

農家さんの朝は早く、私も頑張って起きて5:30からアスパラガスの収穫のお手伝いをしました。

アスパラガスは種を植えてから、収穫できる株になるまでに3年かかるというのに驚きました。

その後、アスパラガスといちごをパッキングしてから、家に戻り小野田農園で採れた食材を使った朝ごはんをいただきました!!

普段朝は食欲がないのであまり食べられないのですが、白米が美味しすぎて朝からおかわりをするくらい美味しかったです笑

食べてしばらくした後、昨日に引き続き、筑波大学の方々と一緒にお米の種蒔きの作業を二時間くらい行い、スナックエンドウの支柱立てを行いました。

お昼も御馳走になり、カレーと米粉を使ったみたらし団子を頂きましたが、やはり小野田さんが育てた食材で作った料理は格別に美味しかったです。

小野田さんの食に対するこだわりは本当に勉強になりました。

また研修では食を知るというスローガンを掲げ、今回の活動に臨みましたが、食を知るにはまだまだ勉強不足だなと小野田さんの話を聞いて思いました。

でも今回の活動のおかげで農業を知るためのfirst stepにはなったと思うので、これを機にもっともっと知っていきたいと思います。

【リフレクション】

運営メンバーのまっきーです♪

小野田農園から帰ってきた1期の皆さんに、活動を振り返っていただきました^^

“食に感謝”

今回、小野田さんのお宅で作られている新鮮なお野菜・お米を食べる事やお手伝いを通して、改めて食に感謝するということをとても感じられたそうです♪

普段、私たちは野菜やお肉など様々な食べ物を口にしています。

しかし、忙しく毎日を過ごしていると、食への感謝の気持ちを忘れてしまう事があるので、農業を通して考える事は大切なのではないかなと思います^^

みなさん、活動おつかれさまでした!!

《写真》 リフレクションにて



小野田農園2

東京にいるとなかなか農業に関わる機会はないのでいい経験になったようですね。

もっと読みたい!という方はYouth for 3.11公式Facebookもぜひご覧下さい(*’ω’*)


☆★学生編集者・ライター募集中!!☆★

PICK UP

360ボランティア最新記事

WE WANT YOU !!

学生運営メンバー随時募集中


東京 and 関西


詳しく見る