「自分に今何ができるのか」

◆活動報告:久井さん(甲南大・3年)

参加プログラム:遠野まごころネット46期
参回日程:2013/8/25-9/1
活動場所:遠野市
活動内容:土嚢運搬・コンクリート撤去・農作業・泥出し

私がボランティアに参加しようと思ったきかっけは、友達の紹介です。
テレビ・新聞等で現地の様子など見聞きし、実際に自分の目で見たり聞いたりしたいと思い、ずっと行きたいと思っていましたが、どうすればいいのか分からず不安でしたが、友達から誘われて、聞いた事が大きなきっかけで今回ボランティア活動に参加しました。

現地で感じたことは、若い人手がまだまだ必要であるということでした。震災から二年も経っているので、がれきの撤去関係の仕事もだいぶ減っていると思っていましたが、がれきの撤去関係の力仕事以外にも、畑作り・再度の水害への準備など、一人ひとりにもできる限度があり、時間がかかってしまうので、もっと人手が必要だと感じました。
コンクリートの撤去は、自分がいたグループでは、元畑で水が溜まって砂が崩れてしまい、流石に時間がかかるようなものが多くあったため、ある程度しか掘り出すことができませんでした。自分達の力の限度もあるため、仕方ないことですが、早く何とかしたいという気持ちがこみ上げました。そのため、途切れることなくボランティアがくることがなによりも大切なことだと感じました。

1378278228616[1]

現地の人達とコミュニケーションをとることも大切ですが、ボランティアの人達といる昼間、いない夜間といったように気持ちの上下がありすぎても、精神的に負担がかかってしまうといった問題もあるため、趣味を見つけさせるために、畑作りをしていると聞き、1日日でも早くと思い、草刈などの農作業に努めました。

「自分に今なにができるのか」を現地に行くまで考えていましたが、実際に現地についてみると、ボランティアという存在がいるだけで価値があるものだと思いました。自分たちが、地元に戻っても友人に現状を伝えていくことで、一人でも行くきっかけになればと思います。
これからも、継続的に足を運んでいきたいと思います。